ページトップへ

失敗しない
賃貸経営
賃貸経営 3つの掛算

賃貸経営 3つの掛算

賃貸経営では3要素の掛算の点数が非常に重要になります。

その要素とは 

立地 × 建物商品力 × 集客力

です。

上記の2要素が100点だったとしても残りの1要素が0点だった場合、

その経営は成り立たないのは言うまでもないでしょう。

3つの要素をしっかりと理解したうえで賃貸経営を検討しましょう。

 

立地

 

賃貸経営は最もと言って良いほど重要な要素です。

魚のいないところで釣りをしても釣れません。

賃貸経営も同じく、入居者の需要がないところで建物を建てても賃料収入はありません。

一般的には、駅からの距離や周辺施設や環境がカギを握ります。

市場調査をしっかりと行いその立地が間違いないことを確認しましょう。

 

     

 

建物商品力

 

建物商品力とは、入居者に選んでもらえる魅力がある建物なのかということです。

入居者が建物を評価する要素は、築年数、賃料、広さ、間取り、性能、見た目等です。

その中でも、広さ、間取り、性能、見た目等の要素が建物の商品力です。

魅力のない物件は、入居者に選んでもらえず空室に困ることになります。

近年のライバル物件は分譲マンションレベルまで性能を向上させているのが現実です。

これらの要素をしっかりと理解したうえで、将来的にも安定出来る建物の商品力とは何か検討することが重要です。

 

 

集客力

 

集客力とは、入居者募集の宣伝力になります。

どんなに立地が良く、どんなに商品力がある建物でも知ってもらうことができなければ入居者は現れません。

一般的には、入居者募集業務は不動産管理会社に委託することになります。

その会社がどのような宣伝広告をしてどんな募集業務をするのかを知ることが重要です。

 

近年の主な募集業務は下記になります。

➀自社ホームページ掲載

②現地募集看板、チラシ

③店頭掲載

④最寄り駅主力の不動産会社への紹介依頼

⑤不動産共有ネットワーク(レインズ)への掲載

⑥ポータルサイトに概要、画像、動画の掲載(スーモ、アットホーム、ホームズ等)

 

不動産会社によってはこれらの業務を真面目にやってなかったり、

⑥については広告費用がかかることから行わない体制の会社もあります。

大家さんにとっては一週間、一ヶ月の賃料機会損失はダメージが大きいので、

やれることを全力を尽くしてくれる管理会社に任せることが重要です。

 

          

 

このように、立地、建物商品力、集客力の3つの要素がそろわないと、

賃貸経営は成功することができませんので十分に検討する必要があるでしょう。